秋田市福祉介護タクシー 夜間の緊急なご依頼にも対応します。 まごころタクシー セレナ
まごころタクシーロゴ
 国土交通省 東北運輸局許可事業
HOME ご利用案内 車両・設備 予約・お問合せ FAX予約用紙 まごころ日記
  まごころタクシー日記   日々のちょっとした出来事やみなさんにお伝えしたい事などを書き込みます。
2020年4月24日(金)
千秋公園の桜 雨にも負けず満開です

千秋公園の桜 満開です。

とても静かなお花見が出来ました。

雨が続いていますが今年の桜は散らずに頑張っています。


2020年4月14日(火)
4月に入って寒の戻り 寒いです。

いつもの年でしたらこの時期すぐ近くのだるま祭りのご報告をしておりましたが今年はお祭りがありません。

千秋公園の桜たちも寒いながらようやく咲いてきました。
しかし露店も出ず観桜会がなし。

ただ私的には、毎年マナーの悪い露店に並ばれるよりは、静かで側溝に残飯を捨てている匂いがない臭くなくゆっくりとお花見を楽しむことが出来そうでかえってよかったです。

当社の3月は仕事量が半減でした。そして4月に入りコロナの影響がモロにおおいかぶさってきました。
例年の1/5しかお仕事出来ていません。
入院や退院、転院などの病院の出入りのお仕事がストップしています。

とにかく一日も早く収束してください。中国からの悪魔!


2020年2月9日(日)
やっぱり結構降りました
秋田市は一日かけて雪が降り続き、17〜8cmくらい積りました。

道路は相変わらず市道はなかなか除雪しないのでガタガタで凄い事に成っていました。

駐車場の入口も吹きだまって出入り出来なかったので、今シーズン初の除雪機出動して面している道路を思いっきりきれいにしました。スッキリです。

と思っていたら夜中に一斉除雪がはじまりやな予感がしました。案の定朝行ってみると、きのうすっかりキレイにしたところに思いっきり氷の塊を置いて行かれました。

ガックシ・・・

2020年2月3日(月)
今回は新幹線に乗られる方の移動です
 
また秋田駅の構内の移動のお仕事です。

今回は市立病院を退院され、その足で新幹線の多目的室利用され移動される方の搬送です。

前回同様担架にて構内を移動し新幹線まで、ですが新幹線の入線のタイミングにあわずしばしホームにて待機。入線したらすかさず多目的室まで行き担架を外して作業終了。

意外に多目的室は狭く作業をするのにはギリギリで大変です。

あと突然秋田駅の改札まわりが工事されるようで様変わりしていました。

2020年1月21日(火)
やっぱり降りました!
このまま雪が降らないで過ぎてほしいと甘いことを書いてしまったせいで、今朝は起きたら真っ白の世界になっていました。

でもどうも様子がおかしくまだ大寒を過ぎたばかりの真冬というのに、春先に降るような水気の多い湿った雪でした。

おかげで降り積もった雪の重みで千秋公園の木々も道路まで届きそうなくらい枝がしなっていました。

まだまだこれから2月の本番が待っています。やっぱり秋田は雪ですね!

2020年1月14日(火)
潟上市の杉山病院へ
本日は日赤から潟上市の杉山病院へのストレッチャーでの移動でした。

いつもの年でしたら途中の横山金足線で地吹雪にみまわれ、右も左も前も後ろも全く見分けのつかないような道路状況になっていますが今年はこの通りまったく雪がありません。

どうかこの先も雪がないままで過ぎてほしいものです。

2020年1月2日(木)
新年明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。

昨年中は皆様方にご愛顧いただき誠にありがとうございました。

またせっかくお電話頂いても移動中だったりで仕事が重なって、ご要望にお応えできなかったお客様もいらっしゃいます。その節はご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。

本年もご迷惑をお掛けしないよう、ぜひとも皆さまに喜んで頂けるような仕事を目指して社員一同がんばって参ります。


今朝の散歩の途中で千秋公園の彌高神社をのぞいたら、まだ人出がまばらだったので初詣をして今年の無事をお祈りしてきました。
そのご褒美におみくじを引いたら何十年ぶりかの『大吉』 
とてもうれしかったので家に持ってきました。

そして全車分の交通安全のお守りをいただき、今年一年の交通安全をお祈りしてまいりました。

どうぞ今年も『介護専門のまごころタクシー』をよろしくお願いいたします。

2019年12月29日(日)
秋田駅新幹線ホームまでお迎え
東京の病院に入院中の方が秋田の生まれ故郷に近い病院に転院される為、東京駅より新幹線をご利用され秋田駅に到着されました。

東京駅などの場合は、新幹線ホームの新幹線のすぐ脇まで寝たまま直接ストレッチャーで乗りつける事が出来ます。そして座席がベットになる多目的室まで介護タクシーや民間救急の担当者が最後までお運びします。

しかし我が秋田駅の場合は、駅構内にストレッチャーを乗り入れる事が出来るエレベーターが皆無で、あってもマンションのエレベーターよりも小さい様な物しかありません。

なので新幹線内から車まで全てが人力による作業になります。

車の近くにストレッチャーを待機させておき、スクープ担架の担当者2名と安全に誘導する担当者1名計3名で新幹線の到着を待ちます。
到着するとすぐに経路を確認し、狭い多目的室に潜り込みスクープを患者様の体の下にセット。
セット完了したら安全ベルトを装着し、新幹線からホームへそして第一の難関の改札までの登りの階段です。以前の階段にはエスカレーターがなく横になって同時に階段を上がる事が出来ましたが、現在はエスカレーターが出来て幅を取られてしまったので頭上足下で階段を上ります。この状態は患者様にも負担がかかりご難儀されます。
改札を出ると東口に降りる階段までしばらく長い距離を進み、階段にたどり着きます。
こちら側の階段は幅が広く横に平行に降りる事が出来ますが、段数が多く最後の難関です。
そして階段下に待機させておいたストレッチャーに降ろし身支度を整えてようやく車に乗る事が出来ます。

そしてここからは車移動の仕事に切り替わり、病院のある本荘市に向かいます。道中はお天気に恵まれ渋滞もなく順調に無事到着。

長い道中患者様にはご負担をお掛けしお疲れ様でした。ごゆっくりと秋田の地でご療養してください。


2019年12月18日(水)
本日は福島市の病院へ
お昼過ぎに秋田市を出発し、途中長めの昼食休憩をはさみ秋田道から東北道で福島市を目指しました。

途中前回の大雪の名残りがあったのが横手や湯田のあたりだけで東北道は皆無でした。
仙台に差しかかった頃にはもう日も暮れ真っ暗になってしまいましたが、予定の18:00にはどうにか現地到着することができました。

ご同乗されたみなさまも長い道中たいへんとお疲れ様でした。

2019年12月3日(火)
横手の平鹿総合病院へ
横手にお住まいになっている方が地元の病院に救急受け入れを拒否され、急きょ秋田の日赤にドクターヘリで搬送されました。

状態が安定されようやく地元の横手に帰られる事になり、平鹿総合病院にストレッチャーにてお連れいたしました。

道中大曲を過ぎた頃から雪の降り方がすごくなり、横手に着く頃には見渡すかぎり真っ白になっていました。この雪が一晩どころか翌日も一日中降り続き、なんと一日で85cmもの降雪量となりました。

搬送日が一日ずれていたらとんでもない事になっていたと思うと本当に助かりました。

ゆっくりと療養されお早い回復をお祈りしております。

2019年10月30日(水)
本日は北秋田市民病院

昨日に引き続き早朝の移動で、本日は北欧の森にある北秋田市民病院にやってきました。

実は今日は、昨日大館から秋田の病院にお連れした方の奥様の移動です。

ご夫婦が同じ病院だとよかったのですが、事故現場が上小阿仁で事故にあわれた方が4人もいたため一番最後に救急車で運ばれた旦那さんが一番遠い大館まで運ばれて処置されたようです。

こちらの病院には何回かお邪魔していますが、車を停める時にどこぞの「ああしろこうしろ」的な指示誘導ではなく、毎度女性の誘導のかたにやさしく教えていただき感謝しています。

帰り道は事故現場の285号を通らないよう二ツ井に出て、秋田道を通りました。
秋田道の凸凹は昨日学習したのでバッチリ。ほぼほぼ回避出来たと思います。

しばらく離れ離れで心細いおもいをされていたでしょうが、病院とはいえようやく一緒になれてよかってですね。

それにしても秋田から大館や合川の病院両方を飛び回って面倒を看られてきた息子さん、本当にご苦労様でした。

一日も早くご回復されご夫婦一緒におうちに帰れるようお祈りしております。

お大事になさって下さい。

2019年10月29日(火)
大館市立病院から転院

大館市のど真ん中にある大館市立総合病院に入院されている患者さんの秋田市の病院への転院でした。

早朝のお迎え出発のため、真夜中に秋田を出てちょうど鷹巣をすぎたあたりで、正面に見える山並みが真紅に染まってきました。あれは普通じゃあなかなかお目にかかれない風景でした。そのときの気温の表示がなんと 『 3℃ 』やばいくらい寒かったです。

秋田市にお住まいの方ですが紅葉登山に八甲田へ向かう途中、対向車線を突然追い越してきたバイクと正面衝突。後続の車にも正面衝突という大惨事にみまわれました。

胸や腰の骨折のため座位がとれない為、ストレッチャーでの長距離移動でした。
道中は道路の凸凹を拾わないよう最前の注意を払って運転しましたが、秋田道はどうしようもない。無料区間はまあしょうがないとしても凸凹の多いこと。

早朝からの移動で大変お疲れ様でした。とりあえずは秋田市に戻れてよかったです。
一日もはやいご回復をお祈りいたしております。

2019年10月8日(火)
本荘から大学病院へ

7月にお迎えに行った本荘の菅原病院の同じ敷地内にある施設の老健「しょうわ」から秋田の大学病院に入院される方をAM8:00にお迎えにいきました。

長い道中大変お疲れ様でした。

どうぞお大事になさって下さい。

2019年8月6日(火)
早朝のお迎えでした

早朝7時 羽後境駅にお迎えでした。

横浜のご自宅からおいでになり大曲のホテルに宿泊、早朝の電車で羽後境駅に降りたお父様をお乗せし、その足で協和の県立リハセンに入院中の息子さんのお迎えに行ってきました。

お仕事で秋田入りされていた最中に体調をくずされそのまま入院されたようです。

慣れない土地での入院、さぞお辛かったことと思います。

退院の準備を済まされ長い間治療していた病院を後に秋田空港へ向かいました。

ようやく待ちに待った故郷への出発です。

これからはお家の近くでご家族とい一緒にゆっくりと治療してください。

ほんとうに良かったですね。

2019年7月19日(金)
本荘の病院より秋田市へ

長らく入院されていた本荘の菅原病院より、息子さんがお住まいの秋田市の外旭川にある施設へのお引越しでした。

いくら病院に入院しているとはいえ、やはりお近くにいる安心感には変えられませんよね。
お互いにほっと安心された事と思います。

2019年6月30日(日)
秋田駅にお迎え

秋田駅の改札口には大きな赤鬼青鬼のなまはげのお面や、今海外の方にもブームの巨大な秋田犬がお客様のお出迎えをしています。

秋田で治療されるために帰郷された方や他県からお見舞いに来られた方々を改札口までお迎えに行ってきました。

ご家族のいるふるさとでゆっくりと治療され快方に向かわれることをお祈りいたしております。

2019年5月29日(水)
秋田空港でのお出迎え

ここ連日、東京や北海道からの患者さんのお出迎えで秋田空港に来ております。

狭い飛行機の中での移動大変お疲れ様でございます。

なまはげとあきたワンコがお出迎えしています。が、やっとの思いで地面に降り立った皆さまにとってはそれどころじゃないですよね。


まずは次の病院でゆっくりして頂けますよう空港を出発。

みなさま秋田でゆっくりと療養して体調が整われる事をお祈りしております。

2019年1月10日(日)
能代の秋田病院へ

ここ2.3日は雪の降り方はそれ程ではありませんでしたが、とにかく風が強くて強烈な寒さでした。歩くところ全てがスケートリンク状態です。

そんななか能代からお子さまと一緒に秋田市にいらした方がツルツルの路面に足をとられて転倒、大腿骨骨折の災難に見舞われました。

私もちょうどこの時期に氷に足をとられ転倒、ひざ下3か所骨折で3ヶ月以上入院した経験があり、骨折の痛みを思い出すと本当に震え上がります。

地元の能代で処置される為、秋田市の中通病院から能代の秋田病院にストレッチャーにて搬送。

病院に到着すると、お子ちゃまたちが「ママがんばってね」と心配そうにお出迎えしていました。早く良くなってくださいね!

2018年11月23日(金)
鶴岡市立荘内病院へ

連休をご利用されて、山形県の鶴岡市からファミリー5人で「ラウンドワン」にて遊ばれていた中のお父さんがケガをされてしまって、秋田の救急病院より急きょ鶴岡の病院に転院決定。

お兄ちゃんがお父さんの見守り役で同乗してくれて、おかあさんは車を運転して鶴岡へ。

日暮れが早く、出発する時には真っ暗になってからのスタートでした。

慣れない秋田の道路での運転で大変気を使われたと思います。お疲れ様でした。
無事に受け入れ先の鶴岡市立荘内病院に到着。
新しくりっぱな病院で、また夜間の到着にもかかわらず、職員の方の対応がとても親切で助かりました。

やっぱりお家の近くで治療されたほうがお子さんたちのお見舞いもあり、お互いに気持ちがゆったり安心して治療に専念できますよね。

激痛のなかの長旅お疲れ様でした。どうかお大事になさって下さい。
1日も早いご回復をお祈りいたしております。

2018年11月10日(土)
車いすボッチャ日本強化選手 佐藤駿さん来秋

車いすでのボッチャという競技をはじめて知りました。

この度、車いすボッチャの日本強化選手の佐藤駿さんが来秋され、11/9(金)きらり支援学校でボッチャの講習会を、翌11/10(土)にはイオンモール秋田にてスポーツフェスタinAKITAのボッチャ体験にご参加されました。

連日の大盛況でお疲れのところでしたが新幹線でのとんぼ返り。本当にお疲れ様でした。

佐藤様のご一家は、お父様もお母様も双子のお兄様もみなさまがボッチャに携われており、来たる2020東京パラリンピックでのご活躍が期待されております。

秋田からも応援しておりますのでどうぞ頑張ってください。

2018年9月25日(火)
いってらっしゃーい!!

ゆり支援学校道川分校の修学旅行のお手伝いをしました。

親御さんといっしょの東京スカイツリーやディズニーランドなどの2泊3日の旅行です。

とっても楽しみですね。気を付けていっぱい遊んできてください。

お帰りお待ちしております。

2018年6月3日(日)
ジューンブライド 大安です

本日は日曜日の大安、しかもジューンブライド

結婚式場も大忙しです。

こちらも結婚式の送迎が2件

久しぶりに見るお孫さんの晴れ姿に大感激

ご親族のご配慮のおかげで本荘からのご出席がかないました。

お帰りの時はさすがにお疲れになったようでしたが無事にお送りする事が出来ました。

2017年11月30日(木)
東京からの搬送

本日は、東京民間救急様からのご依頼の東京から秋田の病院までの患者様の移送で、秋田空港から中通リハビリ病院までの移送を担当いたしました。

狭い秋田便の飛行機の移動で大変お疲れになったと思いますが、無事目的地の病院にお連れいたしました。

大変お疲れ様でございました。早期のご回復をお祈りいたしております。

2017年7月16日(日
結婚式のご送迎

お孫さんのご結婚式へ出席されるご親族の方を式場までお連れしました。

当日の式の最終だったようで花火も打ちあがりました。

末永くお幸せに。遅くまでお疲れ様でした。

2017年6月11日(日)
酒井さんと男鹿半島へ
チーム

6/10(土)秋田市の遊学舎にて秋田県ALS協会の総会が行われ、日本ALS協会理事の酒井ひとみさんが出席されました。

☆☆酒井ひとみさん☆☆

日テレの番組「ザ!世界仰天ニュース」でALS発症から現在までの再現ドラマが放送されました。
また『宇宙兄弟』の公式HPで【私の名前は酒井ひとみです-ALSと生きる-】というコラムを連載されている方です。


雷にどしゃぶりおまけに突然の気温10℃台とチョーあいにくの天気の中、イケメン&ビーサンの旦那さんとチーム酒井改めチームまなはげのお2人との秋田入りでした。
東京からの気温の激変で体調を崩されないか心配でしたが、翌日はお帰りの新幹線の時間まで秋田見物という事で男鹿半島にドライブへGO!

まずは男鹿の手前のでかいなまはげの前でパチリ。と、この時のジャージの色がまるでなまはげということで「チームなまはげ」の誕生です。

目的地を水族館や入道崎、真山のなまはげ館とリストをあげながらまずは門前から崖っぷちハラハラドキドキコースを真下の海を覗きながら北上、水族館はパスして入道崎に直行。
途中で予約を入れた石焼なべのお店「美野幸」にお連れしました。

ここのお食事の時間が思いのほか時間がかかり予定時間をオーバー。結局入道崎の散策なし。一番行きたかったなまはげ館もお連れすることが出来ませんでした。

ほんとにすみませんでした。ザンネン!

そこから秋田駅を目指してゆっくりとダッシュ・・

予定到着時間20分オーバーで到着、どうにか新幹線には間に合いましたが、酒井さんお楽しみのお買い物のじかんをぶっ潰してしまいました。

今度またみなさんで秋田にゆっくりといらして下さいね。お待ちしています。

2017年5月27日(土)
青森空港まで

本日は青森空港まで行ってきました。

大型クルーズ船の観光で秋田港に寄港中、具合いが悪くなり急きょ大学病院に入院された韓国のご夫婦。

病状が回復され帰国することになりましたが、秋田空港の韓国便は現在廃線中のため青森空港からの帰国となりました。

患者様及び韓国まで同行される海外医療情報センターのスタッフの方々お疲れ様でした。

2017年3月29日(水)
タイからの患者搬送

本日はタイの病院から直接ご依頼があった患者様の搬送があり、秋田空港でお迎えして大曲の病院までお連れいたしました。

当日同行されたのは、タイの病院のドクターと看護師さんで時間的にハードスケジュールな上なんとタイの今の気温が36℃との事。

猛暑の国から極寒の秋田に降り立ったときには、さすがに悲鳴が上がっていました。

さらにはお二人とも日本語が全く話せず、こちらもかたことの英語しかしゃべれないので、スマホの自動翻訳を駆使して、どうにかこうにか会話が成立しました。

普段はしないような慣れない事をしたので秋田に到着した頃にはもうグッタリ。

患者様も遠路長時間の移動で大変お疲れになったと思います。
やっとの思いで帰ってきた秋田、これからゆっくりと治療されご回復されることをお祈りいたします。

2017年3月25日(土)
サンルーラル大潟

お彼岸もすぎ3月も下旬になり、ようやく雪もすっかりとけ長かった冬ももう終わりだなって思っていたところのきのう今日の雪。さすがにもうたくさんって感じです。

本日は大潟村のサンルーラル大潟までのお仕事でした。

こちらでは、大潟村にお住まいだった日本ALS協会の元会長さんの松本茂さんが、生前書き綴ってきた文章を奥様がお仲間の方と一冊の本にまとめ上げた「俺は生き抜いたよ」のお披露目の会がありました。

徳島県から陸路片道一日がかりでお越しになったお客様をお連れしました。東京から北上する旅は初めてのことで、大変お疲れになったことと思います。ご苦労様でした。

2016年11月14日(月)
いわてリハビリセンター

秋田の赤十字病院から岩手県雫石にある「いわてリハビリセンター」までのストレッチャーでの搬送です。

早朝の出発に加え長時間・悪路&峠越えと、大変お疲れの道中でしたが幸いにもお天気に恵まれまして、無事予定の時間に到着する事が出来ました。
本当にお疲れ様でした。お大事にしてください。

まごころタクシー tel
Copyright (c) 2007 SCS Magocoro Taxi. All Rights Reserved.